« 生まれ変わるための言葉 823 - 生まれ変わるための言葉 | トップページ | 『千葉実』展 - 気ままな歳時記(その2) »

2018年6月14日 (木)

米朝首脳会談北朝鮮は非核化の段階別措置で一致と報道トランプ氏は金正恩氏はただちに非核化

産経新聞の記事である。
一部を引用する。

北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が12日にシンガポールで開いた米朝首脳会談の結果を報じ、両首脳が朝鮮半島の非核化を実現する過程で段階別、同時行動の原則を順守することが重要だとの認識で一致したと伝えた。トランプ氏が提起したとする日本人拉致問題への言及はなかった。

ということだ。

北朝鮮の朝鮮中央通信が拉致問題について言及するわけがないので、それは問題にすることでもない。

段階別、同時行動の原則を遵守することが重要だとの認識で一致したという報道は内外に向けて北朝鮮の面子を保つ必要からのものであろう。

一方的に先履行で非核化するなどという事態を北朝鮮の国民や軍関係者に報道することなど出来ない。
カリスマ指導者の信頼が失墜してしまうのだ。

トランプ大統領やポンペイオさん達の会談後の言動を見ると、段階別、同時行動の原則で合意したとは到底思えない。
北朝鮮が何らか具体的な行動を取ることが確認された筈である。

完全な非核化を約束した金正恩さんが何もしなければ、アメリカや日本及び国際社会の制裁が継続されるし、アメリカを怒らせれば場合によって更に強い圧力が加えられる。
もしかしたら、米軍は限定的に攻撃する可能性もある。

米軍の攻撃を取り敢えず避ける為に米朝首脳会談を行って、ロシアか中国かの救援を待つというつもりがあるのかも知れないが、それは全く期待できない。
ロシアも中国も、アメリカとその陰にいる日本と敵対するだけの状況にはないのだ。

僕は、1月以内にはポンペイオさんか誰かが北朝鮮に入って、具体的な何かを決定することになると想像している。
もし、それがなければ、北朝鮮への制裁強化にアメリカは舵を取る可能性が高いとも想像している。

アメリカの恫喝に怯える金正恩さんの顔が目に浮かんでしまう。
ハルノートを突きつけられた時、リスクを承知でプライドを取った日本は敗戦という大損害を被ったが、北朝鮮はどうするだろうか。

プライドを捨ててでも、生き残る道を選ぶ出来だと思う。

« 生まれ変わるための言葉 823 - 生まれ変わるための言葉 | トップページ | 『千葉実』展 - 気ままな歳時記(その2) »